夢重力
c0151643_10281821.jpg


ある日の事を夢に見る昼間・・・

昼に見る夢は鮮明で忘れる事がない。

途中で覚めた夢に安堵しながら、飲んだ水が流すかのようにそれをどうでもいい事だと思わせる材料になる。

いつもは大体それで済む。

だが、夢を見た後に見た光の眩しさにまた夢の続きを見るかのような錯覚に陥りながら現実の中で違う夢を見た。


僕は祝福された。重力をなくした。

一瞬が長い夢だった。      


                
           
[PR]
by mashup-intoyou | 2008-04-22 11:10 |
<< 団地空 重なった事実と重なりたい想い >>